Q.今回は、読み方とんちクイズです。
平安時代の始め頃の話しです。
漢字好きだった嵯峨天皇(さがてんのう)が、当時の奇才、小野篁(おののたかむら)を試そうとして読ませた謎かけ文です。
さて、何と読むでしょう?
ヒント)途中で「の」を2回使います。

「子子子子子子 子子子子子子子」


答えはこちら














































A.
子という字は、十二支の「ね」、子どもの「こ」、孟子の「し」と読むことが出来ます。
その読み方をうまく当てはめて読むと
「猫の子子猫 獅子の子子獅子」(ねこのここねこ ししのここじし)
となります。